Laena
letter

夏の美肌習慣スキンケア「夏肌老化」乾燥、ベタつき、シミ・シワ・たるみ対策

夏に負けない美肌習慣

夏に起こりやすい肌トラブル

ムシムシじっとり・・・、高温多湿な日本の夏。
ジリジリ照らす紫外線、汗で顔も体もベタベタ、エアコンによる乾燥でカサカサ、お肌にとっては過酷な季節です。
女の肌は夏に年を取る」といわれますが、この時期のスキンケアが肌年齢にも大きく影響してきます。
特に気をつけたいのが「夏の肌トラブル3大要因
夏肌老化」の原因と対策を知り、夏を快適に過ごし1年中輝くうるつや美肌を目指しましょう。

  1. 紫外線」による乾燥、シミ、シワ、たるみ、ハリ・弾力の低下
  2. 汗・皮脂」による乾燥、ニキビ、吹き出物
  3. 冷房」による乾燥、くすみ、肌荒れ

夏に起こりやすい肌トラブル

夏の肌トラブル「3大要因」

その① 紫外線

夏肌トラブルの3大要因①紫外線
紫外線は1年通して降り注いでいますが、肌の露出も紫外線の量も増える夏は特に注意が必要です。

紫外線には、UV-A(紫外線A波)とUV-B(紫外線B波)があります。
UV-Aは、波長が長く肌の深部へ届きます。コラーゲンの減少やエラスチンの破壊などによるハリ・弾力の低下、しわ、たるみの原因になるといわれています。5月~7月がピークです。
また、UV-Bは外での日焼けの主な要因となるもので、肌表面のうるおいを奪い、炎症(サンバーン)を生じさせてしまうとされています。7、8月がピークとなります。

ここ数年は猛暑が続き、肌が痛いぐらいの日差しになることもあります。
肌も熱中症状態状態になり、バリア機能が大きく乱れてしまいます。
しっかりと紫外線対策をすることが大切す。

対策

日焼けを防ぐ方法はシンプル。「紫外線を浴びない」「紫外線から守る」ことが大切です。

  • 日中は外出を控える
  • 日陰を利用する
  • サングラスをかける
  • 日傘をさす、帽子をかぶる
  • 肌を露出しない、ストールを巻くなど
  • 日焼け止めを塗る

気を付けていても「うっかり日焼け」してしまったときは、すばやいアフターケアが効果的です。
ポイントは2つ!

  1. しっかり冷やす(鎮静)
    水や濡れタオル、保冷剤などで肌を冷やします。
  2. たっぷり保湿
    化粧水でたっぷり保湿しましょう。ローションパックもおすすめです。

「守る&ケアする」紫外線対策で、夏の美肌をキープしましょう。

その② 汗・皮脂

夏肌トラブルの3大要因②汗・皮脂
汗をかいたまま放っておくと、汗に含まれる塩分が肌に残り肌にダメージを与えます。
また汗が蒸発するときに肌の水分を奪い去ってしまい肌の乾燥を招く原因となってしまいます。
肌に水分が足りないと、バリア機能も低下し、その結果、肌トラブルを引き起こしてしまうことも。

汗をかくと肌がベタつき不快に感じることがあります。
ベタつきの正体は皮脂です。汗をかく時も皮脂が一緒に出てきてしまいます。 汗は蒸発しますが皮脂は留まるため、ベタつきだけが残ります。皮脂は肌の水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌のバリア機能を担いうるおいを保つ働きがあります。
皮脂が少なすぎると乾燥肌の原因となりますが、多すぎると、毛穴の詰まりや、アクネ菌の繁殖の原因となり、ニキビ吹き出物などの肌トラブルになることがあります。

対策

汗は体温調節という大切な役目もありますが、美肌のためには、こまめにきちんとふき取ることが大切です。乾いたタオルやハンカチでゴシゴシ擦るのはNGです。汗はほこりがつきやすく、汗に含まれるナトリウムなどの成分は、肌の表面に残ったままになるので注意が必要です。
顔はスキンケアシートや、お肌にやさしいウェットティッシュ(刺激成分なしで保湿成分が配合されたもの)などでやさしく抑えるようにするのがポイント。
しっかりと汗や汚れを落としながら肌の保湿をしてくれます。

その③ 冷房

夏肌トラブルの3大要因③冷房
夏の肌は冷房による「乾燥」や「冷え」に加えて、室内外の気温差も、お肌にダメージを与えることがあります。
冷房や除湿をすると室内の湿度が下がり、肌の水分が奪われ肌の乾燥を招いてしまいます。
「冷えは万病の元」とも言われますが、体が冷えすぎると、血行不良代謝の低下につながり、肌バランスが乱れ、肌荒れやくすみの原因となります。過度な冷房には気をつけましょう。

また気温差が5℃以上になると「寒暖差疲労」や「寒暖差アレルギー」を引き起こすことがあります。
体のだるさや頭痛、くしゃみ、鼻がムズムズするなど風邪や花粉症のような症状などが特徴です。
特にお肌にとっては直接的な悪影響をもたらすことがわかっています。
肌のバリア機能が低下し、肌荒れ敏感肌の原因になります。

対策

乾燥からお肌を守り「保湿」を意識したスキンケアを行いましょう。

  • 直接肌に冷気が当たる場所に近づかない
  • 必要に応じて加湿器を置く
  • メイク下地の下に保湿クリームを塗る
  • 保湿力の高いスキンケア製品をプラスする
  • ローションパックをする

またエアコンで体の冷え過ぎを防ぐためには「冷やし過ぎない」「気温差を少なくする」ことが大切です。

  • エアコンの設定温度を見直す
  • 薄手のカーディガンなどをはおる

冷房による「乾燥」と「冷やし過ぎ」からお肌を守ってあげてくださいね。

夏の美肌づくり 5つのポイント

ここにあげた夏の肌トラブル3大要因以外にも、気をつけたいのが「マスクによる蒸れ」や「冷たいモノの摂りすぎ」、「熱帯夜による睡眠不足」など生活様式や、生活習慣の乱れが肌ダメージを引き起こすこともあります。

紫外線から肌守る ②汗をこまめにふき取る ③お肌を鎮静・保湿する ④体を冷やし過ぎない ⑤生活習慣を整える

「夏の美肌づくり 5つのポイント」を取り入れて、楽しい夏を過ごしてくださいね。

夏の美肌づくり 5つのポイント

おすすめアイテム

美肌作りに有効な発酵エキス3種をバランスよく配合 [ 低刺激・マイルド処方 ]
ラエナ クリームスキンローション

ラエナ クリームスキンローション

「保湿&美白」夏のスキンケアをシンプルに

朝はこれ1本でOK!日焼け後のローションパックにもおすすめ。

詳しく見る

お肌にやさしいUVスプレー SPF50+、PA++++
ラエナ ノヌーブUVスプレー

ラエナ ノヌーブUVスプレー

汗や水にも強い。長時間続くUV効果

メイクの上からでもOK。白残りしない透明スプレー

詳しく見る

関連記事一覧

  • 医薬部外品の脚専用クリーム【ラエナ 薬用レッグ&フットクリーム】
  • シュッとひとふき、やる気アップ!【ラエナ ハピフル スカルプエッセンス 】<頭皮用化粧水>
  • 3種類の発酵エキス配合の高保湿化粧水。乾燥対策・敏感肌のケアに 【ラエナ クリームスキンローション】
  • お肌にやさしい。汗や水に強いUVスプレー SPF50+、PA++++【ラエナ ノヌーヴUVスプレー】
  • かわいくしっかりケアするハンドクリーム【ラエナ 薬用ハンドクリーム テントラップ】