Laena
letter

化粧品、医薬品、医薬部外品(薬用化粧品) どう違う?スキンケアにおける効果や効能は?

化粧品、医薬品、 医薬部外品(薬用化粧品)どうやって選べばいいの?

お店で販売されている化粧品に「医薬部外品」や「薬用」と表示されているのを見たことはありませんか?
普通の化粧品との違いは何でしょうか?
「医」や「薬」がついてるけど「医薬品」とはいったい何が違うのでしょう?
今回は、「スキンケア」における「化粧品」や「医薬部外品(薬用化粧品)」、「医薬品」についてそれぞれの違いや効果について説明していきます。

化粧品・医薬部外品・医薬品の違いって?

一般的なスキンケア用品は「薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)」によって「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のいずれかに分類されています。
それぞれ効果や効能の範囲がはっきりと分かれています。

化粧品 < 医薬部外品 < 医療品」の順に、効果が高くなっていますが、一概にそうともいえない部分もあります。
こちらの記事では、その理由についてもご説明していきます。

医薬品は治療・予防のための「薬」

スキンケアにおける医薬品は、ニキビや肌荒れ、黒ずみ、炎症など、お肌のトラブルの予防や治療を目的とした「」といえます。
配合されている有効成分についての効果・効能が厚生労働省によって定められています

医療用医薬品

医師の処方箋が必要です。「白色ワセリン」、ヘパリン類似物質製剤、尿素含有製剤などがあります。

OTC医薬品(市販薬)

ドラッグストアや薬局で購入できます。「医薬品」と表示された外用薬(軟膏、クリーム、ローション)などがあります。

医薬部外品(薬用化粧品)には有効成分が入っている

「医薬部外品」は、厚生労働省「効果があると認められた成分(有効成分)」が一定の濃度で配合されているものを言います。ちょうど医薬品と化粧品の中間くらいの立ち位置といえます。 「治療」というよりは「防止・衛生」を目的に作られています。
薬用化粧品は薬ではありませんが「具体的な効果が期待できる化粧品」と言えます。

「医薬部外品」のスキンケア商品は、普通の化粧品とわかりやすく区別するために、「薬用〇〇〇(例:薬用化粧水、薬用クリーム、薬用シャンプーなど)」と表示されていることもあります。「薬用」とは「医薬部外品」で認められている表示ですので「薬用=医薬部外品」となります。

「医薬部外品」では、「シワを改善する」「にきびを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」などと、効果を商品に表示することができますが「化粧品」には、それはできません。
また「医薬部外品」は薬ではないので、「これを使えば治る」というような治療効果をアピールすることは禁止されています。

化粧品は肌を美しく健やかに保つことが目的

化粧品」は、医薬品や医薬部外品以外のもので、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、または、皮膚や毛髪を健やかに保つために」使用されるものと定められています。デパートやドラッグストアなどで誰でも購入することができます。
また化粧品が広告などで表示してもいい効果・効能は決められています。
「肌のキメを整える」「肌にツヤを与える」「乾燥による小ジワを目立たなくする」など「56の効能」に限られています。

薬機法におけるスキンケア製品の分類

 医薬品医薬部外品(薬用化粧品)化粧品
目的・特徴ニキビや肌荒れ、シミ、汗疹、日焼けなど肌トラブルの予防、治療のために用いられる肌トラブルの防止や改善のために用いられる。
「美白」や「しわ改善」など特定の効果が認められた「有効成分」が含まれている。
医薬品と化粧品の中間ぐらいの立ち位置。
お肌を美しく健やかに保つために用いられる。
効果・作用はマイルド
購入方法処方箋が必要なもの(医療用医薬品)と、薬剤師や登録販売者のアドバイスを受けて購入できるもの(OCT医薬品)があるドラッグストアや薬局など、一般の小売店で購入できるドラッグストアや薬局など、一般の小売店で購入できる
成分表示~略~全成分表示の表示義務はなし(各社の自主判断)、
指定成分は表示義務がある
全成分表示(法規制で義務)
処方~略~多くが品質、有効性、
安全性の確認が取れた配合実績のある処方
基本的に自由
化粧品基準を守る

化粧品と医薬部外品、どっちを選べばいい?

一般的に「医薬部外品は、化粧品よりも効果が高そう」というイメージがありますが、実際には単純に比較できません。

化粧品は「自由な処方」、医薬部外品は「実績のある処方」

化粧品と薬用化粧品のいちばんの違いは、厚生労働省に認められた肌への効果・効能が認められた「有効成分」が含まれているか、いないか、ということになります。
裏を返せば、厚労省に認められていなくても効果のある成分というのがあるかもしれない、ということがいえます。
「医薬部外品」は効き目が「認められた成分」を「決められた配合」で作られたものです。

また「化粧品」を販売するときは届け出だけでOKですが、「薬用化粧品(医薬部外品)」は販売名や処方、効果・効能、用法・用量など、商品ごとに厚労省から承認を受ける必要があります。
そのため新しい成分や、新しい組み合わせ、最新技術を取り入れたい場合は、承認を得るまでのハードルがかなり高くなります。その分コストや時間もかかるので、実績のある組み合わせで配合されることが多くなっています。

化粧品は、化粧品基準を守っていれば、メーカーの保証の元で基本的には自由に処方することができます。
効果を表記することはできなくても、医薬部外品と同じ有効成分を決められた濃度以上に配合することもできます。
新しい成分が配合されるのは、まず化粧品からとなります。

化粧品は「全成分表示」、医薬部外品は「自主判断表示」

また「化粧品」は薬事法で多く含まれている成分の順に全成分を表示することが義務づけられていますが、
「医薬部外品(薬用化粧品)」では、指定成分以外は、自社基準で成分表示することができるという違いがあります。

化粧品?医薬部外品?迷ったときの選び方

「化粧品」と「医薬部外品」もそれぞれに良いところがあるので、「これが正解」ということはいえません。
迷ったときは、お肌の状態や求める効果について参考にしてもらえればと思います。

  • お肌のキメを整えたい
  • 乾燥肌を改善したい
  • 肌をいい状態に保ちたい
  • 気に入ったテクスチャ―や香りのものを使いたい
  • 最新の美容成分を試してみたい

に当てはまる方は肌タイプや目的にあった「化粧品

  • ニキビや肌荒れを改善したい
  • シワやシミを予防したい
  • 肌トラブルを予防したい
  • 実証されている効果・効能がわかっている方が安心

という方は「医薬部外品」を選んでみてはいかがでしょうか

  • 全成分表示を確認して使いたい

という方は化粧品、または全成分表示されている「医薬部外品」

まとめると「医薬部外品」は効果と安全性のバランスがとれているアイテム、ともいえるでしょう。
「化粧品」は、テクスチャ―や香り、使い心地など自分の好みのものが見つかりやすいと思います。
スキンケアに何を求めるのか、を考えて参考にしてくださいね。

「化粧品」「医薬部外品」迷ったときの 選び方のポイント

おすすめアイテム

薬用効果で肌荒れを防いで、すべすべ手足に【医薬部外品 脚専用クリーム】
ラエナ 薬用レッグ&フットクリーム テントラップ

ラエナ 薬用レッグ&フットクリーム テントラップ

白くてすべすべ♡
愛されマシュマロ美脚を育てる

脚やかかとの乾燥・荒れを防ぎ潤いのある肌に。美白有効成分で透明感のある美脚に

詳しく見る

医薬部外品 薬用ハンドクリーム
ラエナ 薬用ハンドクリーム テントラップ

ラエナ 薬用ハンドクリーム テントラップ

あなたの手、指先まで包み込む。手荒れ・乾燥にサヨナラ

薬用効果&保湿成分でしっとり潤う。
肌に馴染んでべたつかない。

詳しく見る

美肌作りに有効な発酵エキス3種をバランスよく配合 [ 低刺激・マイルド処方 ]
ラエナ クリームスキンローション

ラエナ クリームスキンローション

3種の発酵パワーがひとつに。
保湿も美白も叶えるスキンケア

朝のスキンケアはこれ1本でOK!
高保湿なクリームイン化粧水。

詳しく見る

関連記事一覧

  • 医薬部外品の脚専用クリーム【ラエナ 薬用レッグ&フットクリーム】
  • シュッとひとふき、やる気アップ!【ラエナ ハピフル スカルプエッセンス 】<頭皮用化粧水>
  • 3種類の発酵エキス配合の高保湿化粧水。乾燥対策・敏感肌のケアに 【ラエナ クリームスキンローション】
  • お肌にやさしい。汗や水に強いUVスプレー SPF50+、PA++++【ラエナ ノヌーヴUVスプレー】
  • かわいくしっかりケアするハンドクリーム【ラエナ 薬用ハンドクリーム テントラップ】